新型水虫と食べ物とテルビナフィンとは

新型水虫菌は感染力が強く、短期間で広がるとされているため、できるだけ早めに治療を行うことが大切です。ちなみに、テルビナフィンは内服で新型水虫や白癬症、爪カンジダ症を治療する薬であり、外用薬では効果が現われない場合に使用することになります。爪白癬は爪が白または黄色く濁る、欠ける、厚くなるなどの症状が現れますが、自覚症状がないので気づきにくいとされています。そのまま治療をせずに放置していると、他の人に感染させたり、歩行時に激痛を感じたりすることもあります。また、抵抗力が弱くなっている場合は合併症を引き起こすこともあるため、できるだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。白癬菌は爪の奥深くに潜んでおり、市販の塗り薬などでは成分がほとんど浸透しないということです。テルビナフィンを経口服用することにより、薬効成分が腸管から吸収されて爪や表皮角質層に集積されます。テルビナフィンの有効成分である塩酸テルビナフィンには、真菌細胞膜の合成を阻害して膜機能を破壊するという働きがあるため、増殖できなくなった真菌はやがて死滅して症状が改善するでしょう。水虫の治療として外用薬と内服薬を併用することにより、だいたい1年以内で治すことができます。しかし、薬の副作用として肝機能障害や貧血などが起こりやすくなるため、肝機能の向上を助ける食べ物を摂取することがオススメです。ちなみに、新型水虫は食べ物を使用して治療することもできます。酢は殺菌効果が期待できる食べ物なのですが、コットンで直接患部につけたりお湯に酢を混ぜて足湯を行ったりすることが有効です。そうすると水虫の症状の一つでもあるかゆみを止めることができますし、足の臭いを改善する効果も期待できます。