テルビナフィルは様々な商品になっている

「テルビナフィン」はテルビナフィン塩酸塩のことで、真菌の生育を阻害する医薬品である抗真菌薬として用いられている、有機化合物の一種です。白色または薄い黄色をした結晶で、臭いはありません。特徴として、酢酸やメタノールには溶けやすいが、ジエチルエーテルには溶けにくいです。
スイスで開発されたテルビナフィンは、日本国内では1993年7月に抗真菌薬クリーム剤「ラシミール」という名前で初めて承認され、1997年7月には錠剤としても承認されました。
このテルビナフィンは様々な商品になっており、2004年には一般用医薬品「ラシミールAT」として、現在の第一三共ヘルスケアから発売され大ヒット商品となりました。また、その他にも小林製薬から「タムシール」、ロート製薬から「メンソレータムエクシブ」にもこの成分を配合しました。2008年には大正製薬が「ダマリングランデ」を発売しています。
テルビナフィン配合薬は、皮膚糸状菌・カンジダやスポロトリックスなどの皮膚真菌症であるスポロトリコーシスや爪白癬などの治療にクリーム剤が使用されます。また錠剤としても承認されていますが、錠剤は外用真菌薬での治療が困難と推測される場合にのみ、経口投与という形で治療することが原則となっています。これまでに、錠剤の投与中に肝不全や肝炎、黄疸などの肝機能障害、また汎血球減少や無顆粒球症などの血液障害が起こり死亡した事例もあることから、錠剤を投与する前と投与中には、肝機能検査や血液検査行う必要があります。1日の用量は125mgを初期用量としており、これを1日1回食後に経口投与し、年齢や症状で適宜量を調整します。クリーム剤や錠剤の他には、スプレーや外用液としても販売されており、様々な形で商品化されています。