テルビナフィルの副作用について

テルビナフィンとは、真菌(菌類の内、細菌や変形菌を除くもののこと)を含んだ細胞膜にダメージを与えながら、信金を死滅させる作用が在る医薬品です。テルビナフィンはアリルアミン系の抗真菌薬であり、真菌細胞内への移行性に優れていることでも知られています。
テルビナフィンは、水虫を治すための服用の医薬品であり、皮膚真菌症の原因となる白癬菌及びカンジダの発育を抑制してくれるメリットが在ります。この医薬品は、専ら、塗り薬では効き目が期待できない深在性皮膚真菌症、頭部白癬といった疾患に適用されています。
テルビナフィンは、服用するに当たっては特に持病が在る人については医師にその旨を伝えなければならないとされています。とにかく効き目が強い医薬品であり、妊娠中の女性やその予定の有る女性も医師と相談をしなければならないとされており、取扱いに際しては十分な注意が必要となります。
医薬品は、服用すると副作用も発生するとされています。例えば、風邪薬の場合は、服用することによって眠気がしたりすることもあったりと、副作用に関する注意書きは特に念入りに熟読しなければトラブルが発生することになります。
テルビナフィンの副作用としては、肝臓の機能が悪化すること、だるさや食欲不振が起きたりする、喉の痛みや口内炎、皮膚や白目が黄色くなる、発疹、皮が剥けるといったものが在ります。他には、手足の痺れないし痙攣、歩行困難になったり筋肉痛が起こる、ということも在ります。息苦しかったり、眩暈がする場合も副作用に該当することになっています。
血液障害(白血球や血小板の減少といったもの)が起こることもあり得ます。この医薬品を服用した場合で、皮膚に発疹や発赤が出たときは直ちに使用を中止して医師にその旨を言わなければなりません。
テルビナフィンですが、飲酒をする人には推奨されない薬となります。理由は、飲酒に因って副作用が出易くなるためです。