お風呂対策としてテルビナフィン内服で風呂対策をしよう

お風呂に入っていると、せっかくつけた外用薬が落ちてしまうことから、効果が落ちることになります。外用薬は、お風呂のことを気を付けながら使う必要があるでしょう。1日数回塗ることになりますので、間隔をよく検討しながら、お風呂に影響を与えないように薬品を付けることが大切です。

テルビナフィンは真菌を倒す成分になります。真菌といってもいろんな種類があり、代表的な水虫や頭皮湿疹、カンジダ症など挙げられます。テルビナフィンの使い方はいろいろありますが、風呂のことを考えた使い方をするのであれば、テルビナフィンは内服薬で使うといった方法もあります。内服薬としてテルビナフィン配合医薬品を処方して貰えますので、クリニックと相談して服用を検討すると良いでしょう。

風呂で外用薬は落ちるというより、治りにくい真菌に対するために内服薬として用いると効果的という考え方があります。外用薬は風呂のときに面倒になるのではなく、治したから内服薬を用いるという考え方が正しいでしょう。しかし内服すると効果が高いですので、かえって症状が悪化してしまうこともあります。最近は個人輸入代行業者などあり、個人で医薬品を購入することができますが、個人の見解で服用するのは注意してください。

真菌は誰にでも持っているカビの一種であるという考え方を忘れてはいけません。そして人間の体を清潔に保つうえで大切なものという考えも忘れてはいけません。真菌を内服薬で倒すことにより、細菌が増えてしまい症状が悪化するということもあります。あくまでも真菌や細菌はバランスが大切ですので、個人見解による判断はリスクを伴います。まずはクリニックに行って診察をしてもらいましょう。